生活くらく PaPa山

育児とお得な買い物や生活に密接した株主優待についてゆるく書き綴ってます。

小児喘息 いかに早く気付けるかで大違い

小児喘息と診断されて2年ほどになります。

 

小さい子どもの内は小児喘息の診断は難しいらしく、

なかなか気づかない親も多いと聞きます。

 

我が家も気づいたきっかけは、風邪をやたらとひくことから

何かおかしい?とアレルギー科に行って初めて喘息と診断されました。

 

先生曰く、風邪を月に何度も引くようなら、喘息ですよ!とのこと。

 

今となっては吸入や、アレルギーの薬を併用しほとんど風邪を引くことも無くなった。

 

これだけで通院の手間が省けたのと、何より苦しむ子供の顔を見なくて済むのがどれほど助かったか?

 

元気に走り回る子供を見てると、もっと早く気付いてあげられればと

自分を責めたりもしました。

 

セカンドオピニオンは子供にこそ必要な行動なのかもしれない?!